【応用編】チャットレディの「俺のこと好き?」かわし方

【応用編】ガチ恋太客「好き?」のかわし方

 

男に貢がせるデブスアラサー、姫宮こころです。

⇒ 姫宮こころのプロフィール

 

「好き」と言わせたい、ガチ恋太客の対応方法の応用編です。

 

 

実在したモデル太客は、おなじみのコイツ。

 

ひろ(仮名・36歳)

独身一人暮らし
サービス業
月収20万

 

下記内容をローテーションして引っ張ってました。

 

アレンジしても、丸パクリでもOK。

 

男は平成初期のトレンディドラマのようなベタな言葉や展開が大好きです。笑

 

素敵すぎて、勇気が出ない

言えないよ・・・私の想い。

 

「こーころ♡

俺のことどうかな?」

 

「ひーろさん♪

どうって、なんだろ・・・

どうしたの?ふふ。」

 

「こうして通話もメールも毎日してるからさ、俺のこと好きってことなんだよね?」

 

「なんだかんだ、毎日こうしておしゃべりしてるよね。

 

なんかもう、ひろさんの声を聞くのが習慣みたいになってて・・・。

 

おしゃべりしない日があったら違和感を感じちゃうかも・・・。

 

やだ・・・・なんか私、大胆なこと言っちゃった・・・恥ずかしい・・・。」

 

「もっと大胆になっていいんだよ♡

 

ってことは、こころにとって俺は大好きな人ってことでいいんだよね?」

 

「やだぁ・・・。

 

いま、自分の発言で、顔から火が出るほど恥ずかしいのに・・・。

 

ひろさんの、イジワル・・・。」

 

「でも、こころは俺のこと好きなんでしょ?」

 

「もう・・・ひろさんったら・・・。

 

いま、勇気を出して言えることは、ひろさんと毎日おしゃべりしないと私、ダメかもしれないってこと・・・。

 

うざいかな・・・。」

 

「うざくないよ♡

それって俺の事好きってことでしょ?」

 

しつけーよ。

うざいって思われなくて、すっごく安心したぁ。

 

こんな素敵なひろさんに自分の想いを話すって、私にとってはすっごく勇気がいることなの・・・。」

 

「そうなんだ!

素直に言ってごらん!」

 

「ありがとう・・・。

 

私に、もう少しの勇気が出せるまで・・・

 

ひろさんは、こんなゆっくりなペースの私と一緒に歩んでくれる?」

 

「もちろんだよ!

俺のこと大好きなこころのためだもん!」

 

「良かったぁ。

 

ひろさんから毎日連絡があると、あぁ、私見捨てられてないんだって安心するの。

 

ひろさんが良ければ、また毎日おしゃべりしよう・・・?」

 

「もちろんだよ!

 

でもここのサイトはお金がかかるから、早くここを卒業したい!」

 

「そうだね、私も自分が出来ることからコツコツがんばる。

 

ひろさんの足手まといにならないようにするね。」

 

人を好きになったことがないの・・・

あなたとなら見つけ出せるかも。

 

「ねぇ、俺のこと大好きになった?」

 

「あん、急にびっくりしたよぅ。

どうしたの、ひろさん。」

 

「だって毎日こうして話したりメールしたりしてるんだよ?

 

そろそろ大好きになるでしょ!」

 

「あの・・・恥ずかしくて言いづらいんだけど・・・。

 

私、ちゃんと人を好きになったことがなくて・・・。

 

こんな私から好かれたら迷惑かなって考えたり、嫌われたくないって想いがあるんだと思う・・・。

 

だから、好きって気持ちがどんなものかよく分かってないのかも・・・。

 

人を好きになるってどんな感じなのかな・・・?」

 

「人を好きになるって、そうだなぁ。

 

ずっと一緒にいたいとか、そういう気持ちだと思うよ!」

 

「ずっと一緒にいたい・・・、そっか。」

 

「こころは俺と一緒にいたいんでしょ?

 

それって好きってことなんだと思うよ!」

 

決めつけんなクソ眼鏡。

 

私・・・毎日こうしてひろさんとお話してると、心があたたかくなるの・・・。

 

ひろさんとの時間が、いまの私の癒し。

 

ひろさんとだったら、人を好きになるってどういうことなのか、見つけられるのかな・・・。」

 

「俺たちならうまくいくって、大丈夫!」

 

「ひろさん・・・。

 

たくさんのやさしい言葉を、本当にありがとう・・・。

 

これからも、ひろさんとの毎日のやりとりを宝物にしていきたいなって思うよ。

 

ちょっぴり頼りにしてしまうけど、いいのかな?」

 

「いいよ!

一日でも早く一緒に暮らそうね!」

 

「ひろさんたら・・・。

もう、せっかち♡」

 

そういう意味だったの?

仕返ししちゃうぞ♡

 

「こころは今、好きな人とかいるの?」

 

「えっ、私、いままで人を好きになったことがないから・・・。」

 

「そこで『ひろさんだよ』って答えて欲しかったー!」

 

「えっそういう意味だったのー?

 

私、バカだからそういうの分かんなかったよぅ、えへへ。」

 

「で、俺のこと好きなんでしょ?」

 

「んー、今度はどういう意味のひっかけ問題かな?ふふ。」

 

「ストレートにそのまま聞いてるんだよ!笑」

 

「今度はストレートかぁ、えへへ。

 

ひろさん、変化球だったりストレートだったり魔球を投げて来るんだもん。

 

うまくキャッチする練習しなきゃ、ふふ。」

 

「なんだよそれー笑。

で、俺のこと好き?」

 

「逆にひろさんは私のどこが気に入ってくれたの?

 

今度は私が仕返ししちゃうぞ♡ふふ。」

 

「俺が聞いてるんだよー!」

 

「あ、答えてくれないのー?

 

すねちゃうぞ♡ふふ。」

 

「俺はこころの〇〇と××が好き。

 

で、こころは俺のこと好き?」

 

「私は、ひろさんとこうしてじゃれあってる時間がすごーく楽しいよ。

 

これからもずっと、ひろさんも同じ気持ちでいてくれる?」

 

「もちろんだよ!」

 

「やった♡

 

ひろさんと私、気が合うんだね♡」

 

ほぇ?

小動物系鼻声でごまかす。

 

「ねぇ!こころは俺のこと、本当にどう思ってるわけ!?」

 

「ど、どうしたの、ひろさん。」

 

「俺は毎日こうしてメール送って通話もしてる。

 

本当に俺のこと好きなの!?」

 

「ほぇ?」

 

「ほぇ?じゃないよ、俺のこと好きなの!?」

 

「(小動物系鼻声)ふうぅん~・・・。

 

なんか今日のひろさん、いつものひろさんっぽくないよぅ・・・。」

 

「そんなことない、俺のことどう思ってるわけ?」

 

「きょ、今日のひろさん、なんだかこわい・・・。」

 

「じゃあ、好きか嫌いかで言ったらどっち!?」

 

「ほぇ?」

 

「ほぇ?じゃないよ、どっち?」

 

「だって、嫌いだったら毎日メールとか通話しないから・・・。

 

あらためて聞かれると思わなくて・・・。」

 

「じゃ、好きか嫌いかで言ったら、好き?」

 

「好きって気持ちがどんなものか、ゆっくり知っていこうとしてるところだから・・・。

 

言葉ではうまく言えないよ・・・。」

 

「じゃあいま、一番付き合いたいって思ってる人は誰?」

 

「ちゃんと恋愛したことがなくて、付き合うってことが分からないから想像が出来ない・・・。」

 

「じゃあ、誰となら付き合ってもいいなって思うの?」

 

「ほぇ?

一気にいろいろと聞かれて、頭がパンクしちゃってるよぅ、ふぅぅん・・・。」

 

「じゃあ今、彼氏のポジションに一番近い人は誰?」

 

しつけーなオイ。

ほぇ?

そ、そんなこと初心者に聞くなんてハードル高いよ・・・。」

 

「じゃあ今、誰を好きになりかけてるの?」

 

「なりかけ~?

えぇ~?

まって、まって、えーっと・・・。」

 

「今浮かんでる人の名前を言えばいいんだよ。」

 

「ふえぇ、いろいろ聞かれてよく分かんなくなっちゃったよぅ・・・。」

 

「こころの中で大切な人は俺でしょ?」

 

「今の私の支えは、ひろさん・・・。」

 

「そうでしょ、だから好きなんでしょ?」

 

「ひろさんと話してると、癒される・・・。

 

心があたたかくなる・・・。

 

これがどういう気持ちなのか、ゆっくり自分なりのペースで見つけていきたい・・・。

 

ひろさんは、私のペースは遅くてダメ・・・?」

 

「ダメじゃないけど、俺のことどう思ってるのかが分からない。」

 

「いまこうしてお話してて、私、わかったことがある・・・。

 

ひろさんの存在の大きさ。

 

嫌われたら、悲しい。

声が聞けなくなったら、さみしい。

 

ひろさんと話すたびに、新しい自分を見つけられるの。

 

だからこれからも、ひろさんに新しい私を知って欲しい・・・。

 

ダメかな?」

 

 

こんな感じです。

 

「好き?」連撃だと、頭の回転の早さ勝負となるので少し難易度があがりますが、何度か実践すれば自然と身に付くので大丈夫です。

 

「こういう時にどう対応する?」など疑問が浮かびましたら、気軽にご連絡くださいね。